ガス手続き

一人暮らしを考えている方のためにガス契約方法についてご紹介

「初めての一人暮らし」に必須!知っておきたいガスの契約方法と注意点

大学への入学や社会人になったのを機に親元を離れて一人暮らしをする方も多いでしょう。一人暮らしをする際に、ライフラインが使えるようにしておくことは必須です。 これまで実家暮らしで親が管理してくれていたはずです。その感覚のまま「賃貸物件が決まって入居すればすぐにライフラインが使える」と思っている人も多いようですが、実は多くの手続きが必要なのです。 特にガスは、申し込みをしたからすぐに使えるようになるものではありません。今回は初めての一人暮らしで重要なガスの契約の流れについて、知っておくべき契約方法や手続きについて詳しくご紹介していきます。

ガスの違いを知る~ガスの契約方法の流れ

※ガスには2種類ある?!「都市ガス」と「プロパンガス」の違い

ガスには「都市ガス」と「プロパンガス」があります。一人暮らしをする物件ではどちらのガスが使えるのかを確認することが大切です。

1.都市ガス

電気や水道と同じく、地面の下に通されたガス管を通じて各契約者の家庭にガスが送られます。プロパンガスと比べて比較的安価なのが特徴です。

2.プロパンガス

通称「LPガス」と呼ばれます。液化されたLPガスを容器(ガスボンベ)に充てんし、そのガスボンベを各契約者に配送しています。 都市ガスが使えるところがほとんどですが、地域によっては昔からプロパンガスを使ってきたというところもあります。


※ガスの契約を行うには

ガスを利用したいという申込みは、まずガス会社に連絡することから始まります。電話での申込みも可能ですが、インターネットからの申し込みなら24時間受け付けており、簡単に申込みができて便利です。 FAXで申し込めるガス会社もありますが、FAXそのものの必要性が低い一人暮らしでは、電話かインターネットという選択肢になるでしょう。その際、申し込みの段階で「いつから使用したいか」をという日時を聞かれます、使用開始日はあらかじめ決めておくことが大切です。 電気は申し込んだ後、使用者がブレーカーを上げるだけで使用可能になりますが、ガスの場合は安全性の問題上、ガス会社の専門スタッフに開栓してもらわなければならないからです。 ガスは可燃性のため、安全性を確認してもらう必要があります。自分で勝手に開栓したり、無闇に操作しないようにして下さい。

日にちが決まったら当日までに必要な準備

開栓してもらう日にちを伝えたら、次に使いたいガス機器を用意しておく必要があります。多くの場合はお風呂で使うことの多いガス給湯器と、キッチンで使うガスコンロといったあたりでしょう。 2016年4月に電力の自由化が開始されました。その後、2017年4月にはガス自由化も始まっています。これにより、ガス会社以外の事業者を選ぶことも可能になりましたが、一人暮らしでこれからガスコンロや給湯器を購入したり相談したい場合は、ガス会社を選ぶのが安心です。 契約したい旨を伝えると共に、ガス機器をどうしたらいいのかと相談すれば、自社のガス機器の中で一人暮らしに最適な容量や大きさのものを教えてくれます。 また、都市ガスとプロパンガスは使えるガス機器が違います。この点も考えると、最初は専門家に相談するのが間違いないといえるでしょう。 必要なガス機器を設置したら、ガス会社の専門スタッフが行うガスの開栓時に立ち合います。開栓を依頼した当日は必ず立ち合わなければなりません。 途中でキャンセルしてしまうと、それだけガスの使えない期間が延びて不便です。できるだけ余裕を持って予定を組み、ガスの契約を結ぶことが大切です。

この記事を書いた人
引っ越しサポートNAVI

引っ越しサポートNAVI

ネット回線、電気、ガスの引越し、移転のことなら引越しサポートナビで!今ならお祝い金贈呈中!

引っ越しサポートNAVI30000円キャッシュバック

電気、ガス
ネット回線の
引越し、移転手続きは

電話アイコン 0120-460-352 平日12:00~21:00 土日祝10:00~21:00 web上でのお申し込み受付は24時間年中無休

診断フォーム

   クリック今だけ キャッシュバックキャンペーン中
お電話でのお手続きがスムーズです 0120-460-352  

面倒なお手続きを一括してサポート致します!